へのこだわり

使用している革は、

ピット鞣しといわれる加工方法で

2か月半以上掛けられた上質なピット本ヌメ革

革作品を創るうえで欠かすことができな革へのこだわり。

TEAM ORAで使用する革材料は全て、

Shoutaが自ら足を運び実際に自分の目で見て触って選んでいるものです。

1枚の革が出来上がるまで…2か月以上。

途方もない工程を得て丁寧に作り上げられたその革は、

大量生産では出せない繊維の密度が高くコシのある質感

触って、見て、使って、感動させられる。

現在国内で、このピット鞣しという加工を行うタンナーは数少なく貴重な存在

幸運なことにその革へ染色等の加工を施す職人と繋がることができ仕入れてさせて頂けている。

そのおかげで

オーダーのオプションとして

スペシャルカラーオーダーまでも実現することができている。

1人でも多くの方に手に取ってこだわり抜かれた革を実感してもらいたい…

 

作品変化する

革製品が育つ

厳選して仕入れた革で作った革作品は

エイジング(経年変化)が入り変化していきます。

革には色々な種類がありますが、その中でも

お客様が使い込むほどに持ち主の癖や使用環境に応じて

変化するものを選んでいます。

 

主に、直射日光などによる日焼けでの色の変化、

細かな傷やこすれた部分の色が変化したり

形が馴染む、

といった変化が出てきます。

​同じ1枚の革から作られた同じ製品でも使う人によってエイジングは変わり、

その人だけの1品に常に成長していきます。

共に歳を取ると言ってもいいかもしれません。

 

修理などもお受けしていますのでどうか末永くお使いいただけたらなと思います。

100% Only One

 

焼き印、傷、吊るし穴、端切れ部分を

あえてデザインに組み込んだ

Conceptでもある、

”いきる”

メッセージ性の強い

1点物も多く創り出しています

間違いなく”世界に1つ” Only Oneな作品です。

それとは反対に、

綺麗な部位も革の魅力。

無駄なデザインをできる限り無くし

デザイン性を持たしつつシンプルに。

シンプルゆえに

使うことで味が出て、それが仕上げの調味料になり

作品が完成する。

オーダー受注については,

端切れなどを活かしたオーダーも可能です

※下の小さい画像をクリックすると大きく表示されます

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com